エンタメ

杉田陽平(杉ちゃん)の名言が素敵すぎる!名言語録集/感想まとめ[前半]

10月9日から放送開始されている「バチェロレッテ・ジャパン」シーズン1で、画家の杉ちゃんこと杉田陽平さんの言葉が感動的!と大変話題になっています!

 

杉田陽平さんは、その芸術的感性あふれる言葉と人間的魅力で、福田萌子さんだけでなくバチェロレッテファンの心を掴んで離さず、ますます人気を集めているようです。

 

そこで今回は、「杉田陽平(杉ちゃん)の名言が素敵すぎる!名言語録集/感想まとめ[前半]」と題して、バチェロレッテの前半第4話までに語られた杉田陽平さんの名言・語録集をまとめてみました!

 

どうぞ杉田さんの美しい感性と表現力に癒されてください。

 

杉田さんのプロフィールはこちら↓

さっそく本題に入って行きましょう!

予告紹介動画

 

この投稿をInstagramで見る

 

Maiko Tokairin(@maikotokairin)がシェアした投稿

ラーメンのうずまきナルト

ラーメンに入っているうずまきナルトみたいな存在だと思います、僕は。

あれって、主役でもないし、かといって栄養があるわけでもないし。脇役なんですね。

見た目も、これと言って自慢できるような容姿をしてるわけでもない。
そんな僕が、いったい福田さんという女性の中でも際立ってスペシャルな人に、何を伝えれるか。

ずーーーーっと考えて、絵しかないなと。

すいません。質問なんでしたっけ。

何があるかわかんないので、恋愛って。

特にきれいな女性ほど勘が良かったりとか、人と違うものに興味があったりとかします。
なので、彼女が今まで体験してこなかったことだったりとか、あるいは知らない世界だったりとか、うまく流し込めたら、自分のPRになるかもしれないなってちょっと期待はしてるんです。

難易度高いでしょうけどね~。

・・・すいません、質問なんでしたっけ。

番組放送前の予告紹介動画の中で、自分のことをうずまきナルトと例える杉田陽平さん。個性的なその発言に放送前からかなり注目が集まりましたね。

また延々と話しているのに、聞かれた質問を忘れてしまうとってもかわいい一面を見せていました。画家という職人ならではのマイペースさも見え隠れして笑いを誘いましたね。




第1話

 

この投稿をInstagramで見る

 

@takacityがシェアした投稿

第1話ではまだまだ緊張していた杉田陽平さん。

福田萌子さんとなかなか話ができずにいましたが、福田萌子さんからありのままを認めてもらい、自信を持つにつれて少しずつ福田さんへの想いを伝え始めます。

アーティストも人間

アーティストとか芸術家って世間の中にエントリーされていないっていうか、孤立している感じが今していて。

だけど人間なんですね。普通に何気ない。みんなとほんとに同じ。
恋愛も普通にするし、素敵な家族を築けたらいいなと思うし。

萌子さんの色を見つけたい

これから萌子さんの実物を・・・その知って・・・会話したりとかで、色を見つけていって・・・

萌子さんと会話できた自分ありのままでよかった

回りの方がいなかったら勇気も出なかったと思うから、ほんとに後悔してたと思うし。

思い切って萌子さんとしゃべってみたら、あの。それで初めて喋ってるんだ!っていうキャッチボールしてるんだっていう感じがして。
彼女と喋れたっていうのがあって。
なんかこの場に来れてよかったなって思ったし。

ありのままの自分でよかったなっていうふうに。一番嬉しかったですね。それが。

杉田さんは大変有名な画家さんですが、他の誰とも変わらない人間であるとか、回りの人がいなかったら勇気が出なかったなど、大変腰の低い謙虚な方であることが伝わってきます。

 

また福田さんの「色を見つけていきたい」と、白黒の絵を見せながらその色を加えていくことを伝えた言葉は、福田さんの胸を打った感動的な言葉でした。

 




第2話

 

この投稿をInstagramで見る

 

バチェロレッテ配信中🌹バチェラー・ジャパン公式(@bachelorjapan)がシェアした投稿

第2話は沖縄を舞台にストーリーが展開しました。デートを重ねる度に少しずつ自分の言葉で想いを語る杉田さん。その一生懸命な姿と真っ直ぐな言葉に心が動かされました。

ひそかに咲いている花

(福田さんのために王冠を作っていた時)

ここだからひそかに咲いている。気づかない人もいるかもしれないというようなひそかに咲いてる花が何個かありました。

やっぱり萌子さんを描きたい

(「何を描きたい?」と聞かれて)描きたいものいっぱいあります。はい。あの、萌子さんを…あのやっぱり描きたいんです。

というのも萌子さんって、僕の想像を超えるぐらいの深いメッセージがあると思ってて、萌子さんの存在。生きることに関しても。誰にも言ってないけれども胸の奥にひそかにあるっていうのはあります。

言葉じゃすくいとれない思いっていうか。だからこそすごい言葉を大事にしているんだろうなって思います。

道端に咲いている花でさえ、その可憐な美しさに目をとめることを忘れない杉田さんの感性が素敵ですよね。

また福田さんに対して、他のどの男性よりも深い洞察をし、福田さん自身を表現していました。杉田さんの福田さんへの強い強い想いが詰まった素敵な言葉ですね。




第3話

第3話では福田萌子さんの弟のKevinさん率いるブートキャンプで始まり、男性陣はとってもしごかれていました。

中でも杉田陽平さんは一番しんどそうにしていましたが、福田萌子さんからは「一番自分の限界に挑戦していた」と言われるまで頑張っていました。

地球にキスしてたよ

ぼく、あの。ブートキャンプでしたっけ。いち早くつらくなっちゃって。

あの。キスする相手全然間違っちゃって。地球にキスしてたよっていう冗談なんですね。

ずっとへばってましたっていう冗談だったんです。

「キスする」という言葉を出して福田さんに「?」という顔をさせてしまいますが、地球にキスしてたと冗談を放つ、とってもお茶目な一面を見せていました。




第4話

第4話では、杉田陽平さんがプランした台湾でのデートが本当に素敵でキュンキュンしましたね!

ランタンに書く言葉を選びながらたくさんの名言が生まれましたが、その一つ一つの言葉も感動を呼びました。

仕事は「何をしたいかではなく誰と何をしたいか」

家族かもしれないし、親友かもしれないし、信頼しているパートナーかもしれないし、共有してこそ仕事じゃないかなって思うんですね。

お金は「表現の羽」

お金って、ただ単にあるだけじゃなくって。幸せになるとか自分の表現を拡張するために使うべくツールであって。

「仕事」や「お金」はそのものが意味ではなく、その先にもっと大切な意味があることを教えてくれましたね。素敵です。

 

無力感をポジティブに変換した

東京出た時初めてできた彼女の時に、特別な記念日の時にバラの絵を描いたんですよ。喜んでくれるかな~と思って結構丹精込めて。

だけど「嬉しいんだけど、私はもっとブランドものじゃないけど自慢できるものの方がいいわ」って何気なく言われて、無力感みたいのを少し感じたりもしたんですよね。

それがそうだよなって思う部分もあるし。それをポジティブに変換してね。いい作品をかいて、もっともっといい作品ができるんじゃないかって励むバネになったし。

絵をプレゼントしたら「ブランド物が欲しかった」と言われたら普通傷ついてしまうのに、杉田さんはそれをポジティブに変換して、もっといい作品を作るためのバネにしたんですね。

本当に強い人なんだなと思わされる一言でした。

 

2人だけの記憶の星座

心の手をつなぐっていう感じですよね。そんなデートがしたいですよね。

伝わるかな・・・われわれだけの星を作るっていうようなプランを考えてました。

(ランタンは)2人だけの記憶の星座ですかね。テーマは。

愛は「花びら」

こっちきた~と思ったら、こっちにきた。強引につかもうとしたらふわーといっちゃう。

こっちかな~あっちかな~っていって、いやぁ向こう行っちゃったしな~って思ったら、ひゅ~~~っポン(手の中に入る)っていう。

(福田さん)確かに。待ってて入ってくる時もあるし、捕みに行って捕まえられる時もあるけど、握りしめちゃったらぐちゃぐちゃになっちゃったり。

「愛は花びら」これは杉田さんの名言の中の名言ですね。

人生にある良い時も悪い時も、そして何げないひと時も大切にして生きている杉田さんだからこそ、発することが出来た言葉なのかなと思います。

 

萌子さんは欠かせない存在

(萌子さんに)会ってから劇的に変わって、景色変わったりとか、人の見方変わったりとか、いろんな影響っていうか、なんか力もらってるんですね。

萌子さんは、自分が前向きに生きるためにとても必要な存在、欠かせない存在になってるんですよね。

絵は僕の思い全部

(萌子さんの絵を)完成させたいんですね。僕の思いなんです。全部なんですね。

だから引き続き僕も(萌子さんを)発見したいんでよろしくお願いします。

本当に真っ直ぐで一生懸命な、杉田さんの想いがギューッと詰まった言葉でした。こんな言葉を言われたら誰でも感動して泣いてしまいそうです。

心の手を繋ごうとした自分がいる

(萌子さんの)涙を見たときに、美しいなぁと思いましたけどね。僕は。

心の手をつなぐっていう今日の目標の中では、つなごうとした自分がいる

萌子さんも関心をもとうとしてくれた実感は少しあったので、サプライズローズは確かにもらえなかったけども、自分なりには精一杯やれたのかなあっていう充実がありますけどね。

がんばった自分自身を認めることも、とっても大事ですね。杉田さんが他人をありのままで認めてあげらえるのは、こうして自分をちゃんと認めてあげているからなのかもしれませんね。

 

第4話では本当にたくさんの素敵な名言が生まれ、その1つ1つに感動で胸がいっぱいになった人も多かったのではないでしょうか。

こんな表現ができる素晴らしい感性を持った杉田さんがますます魅力的に感じられましたね。




SNS感想まとめ

杉田陽平さんの名言に対して、ネット上でも感動したという多くの声があがっています。

はじめの杉田陽平さんからは想像ができない変化した姿、またまっすぐで真心がこもった言葉や豊かな感性から紡ぎだされる言葉の数々は、多くの人の心を動かしていたようです。
お茶目なかわいい面も相まって、一層杉田さんにはまってしまった人も多かったようです。

まとめ

今回は、「杉田陽平(杉ちゃん)の名言が素敵すぎる!名言語録集/感想まとめ[前半]」と題して、番組前半の杉田陽平さんの名言をまとめてみましたが、いかがでしたでしょうか。

 

杉田陽平さんならではの豊かな感性から生まれた言葉の数々は、驚きと深い感動を生み、時には笑いも誘う、バチェロレッテのストーリーを鮮やかに彩った宝石のようでした。

 

こんな杉田陽平さんの言葉や人間としての魅力に感動したという声も多く見られました。

 

今後、最終回までどんな名言が飛び出すか楽しみですね!!

 

また杉田陽平さんの名言集後半も更新していきたいと思いますので、楽しみにしていてください!

それでは、今回はここまでとさせていただきます。

最後まで読んでいただきまして、ありがとうございました!